あこがれステッチについて感じたことの羅列

※まだフル音源聴いてない人は聴いてから出直してください。この記事であなたのあこがれステッチに対する感想に影響を与えたくないのです。まあ聴いてないと何書いてるのかわからないような書き方したので大丈夫だとは思いますが。

 

※本記事にはあこがれステッチに関する批判的な感想も含まれます。見たくないという方はこんな記事閉じてとっても可愛いアイドルの歌うあこがれステッチを聞きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発売されましたね、あこがれステッチ。

 

試聴では完全にやられてしまい、だからこそフルを聴くのを心待ちにしていた(なのにフル音源手に入ったのは発売数日後。コ○ナ許さん)んですが、いざフルを聴いてみると良い意味でも悪い意味でも、色々感じたことが多いな、と。

何年も待っていた分、どうしてもあらゆるところを気にしてしまいますね。

 

なので、こうして記事にしてまとめておこうと思います。こう思ってる担当Pも中にはいるんだなー程度に感じていただければと。

 

箇条書きになっているのは、上でも述べた通り、情報量を少なくして曲を聴いていないと何を書いてあるのかわからないようにするためです。読み辛いとは思いますがご了承ください。 

 

1番

・非常に良い歌詞。試聴でやられてしまった原因。

 

 ・趣味が裁縫という設定、僕はすごく好きなんですけどなかなか拾われないんですよね、なのでこうして歌詞で全体的に拾ってくれたことがとても嬉しかったです。

 

・ヘアピンまで拾ってくれたことにも感動した。ヘアピンが勇気を与えてくれることはセリフで言及されてますし、それもまた佐々木千枝の特徴であると思うのでソロ曲らしさを際立たせているな、と思いました。

 

・「チクチクするの」などで、現在進行形でステッチを作り上げている、ということがわかります。今現在もオトナへと憧れ続けていることの表れとして的を射ていると思いました。

 

・試聴の時は「何で一人称『自分』なんだろう?」と思っていたんですが、これはフル聴けばわかりましたね。

 

2番

・正直微妙。僕はあまり好きになれませんでした。2番ない方が曲全体として良くなるんじゃないか?と思ったほどです。

 

・「Sewing」に対応する言葉、未だに聞き取れてないし歌詞カードがない以上いつわかるんだろう……という状態ですが、ここを考えるのが楽しさともなってますね。

 

・「なでなでパワー」 is 何。1番はヘアピンに対して「今日も 頑張れそうです」なのに対し2番は「うんと 頑張れちゃいます」とより強くなってるけど、いつもヘアピン付けてるのになでなでしてもらう方がもっと頑張れるんですか。佐々木千枝さん。

 まあ京町アイプロとかで「なでなでしてもらうこと」に強い喜びを感じている、と取れるセリフはあるけど上の結論が出てしまうのはちょっと拡大解釈がすぎないかなあ……というのが正直な感想です。まあ潜在的に本当はそう思っている、ということであれば何も否定はできないですが。

 

・単純に僕の感性の問題ですが、そもそも「なでなでパワー」という言葉自体あまり好きになれません。

 

・大好きなカードなので、憧れモードが拾われたのはすごく驚きました。確かにこの曲にこんなにマッチするカードってないし最適解です。気になった人は是非フリトレへ!

 

・「見ててくれますか 私の精一杯を」という歌詞、「お砂糖入りのカフェオレ」というのが「まだちゃんとオトナにはなれてない」ということだと僕は思っているのでそれに続けると、「精一杯」という言葉がマイナスの意味に聞こえちゃうな……と何度聴いても感じてしまいます。当然プラスの意味でこの言葉を置いたと思うんですが。日本語って難しい。

 

・サビの「あのね」から続く歌詞は好きです。「オトナ」についてたくさん知りたいと思う、それが佐々木千枝なんですね。

 

Cメロ

最高傑作。この曲の中で一番いいところ。天才。こんなにうまく佐々木千枝を表現した歌詞はない。

 

・短い歌詞ですけど「枝」という要素も入れつつ、こんなに上手く表すことができるんだな……と感動しました。

 

・なんで街路樹に限定してるんだ?とは思いましたがそこは考察班に任せます。

 

 

ラスサビ

・いつかなりたいな→いつかなれるよね。ただ憧れるだけでは無くなってますね。

 

・1番のサビでは「自分」だった部分が「私」に変わっています。普段のセリフでも「私」という一人称は特別扱いされており、ここでも一人称の変化によりオトナへのステップを踏み出した、ということを表しているのでしょう。

 

・ただ、2番でもう「私」という一人称が出てきてしまっているのでその効果が薄れてしまっているなあ……と感じてしまいました。それさえなければ完璧だった。

 

 

全体を通して

・全体的に、誰かの存在を感じさせるような歌詞になっています。「一緒に」や「背中押してくれたから」など。

 他の曲で同じことやる時は「あなた」などの二人称を歌詞に入れることが多い気がするんですが、それを使わずにやってるのはすごいと思いました。

 

・後ろで鳴ってる音の種類があまりにも多い。何種類あるんだ。インスト音源ください。

 

・今まで歌った曲、元気のいい曲が多かったので少ししっとりめの曲にしてくれたのが本当に嬉しかったです。こういう曲が聴きたかった。

 

・「初めてのこと たくさんあって」の部分はクラップするのが正解ですか?個人的には黙って聴いてたい。

 

・初めて聴いた時、「これ佐々木千枝詰め合わせセットじゃん」と思ったくらい、この曲は特徴をたくさん歌詞に落とし込んでいるんですね。それでいて全体としてまとまっているのはすごいです。

 

 

 

 

 

終わりです。

 

褒めたり貶したりだったので、「こいつ結局この曲好きなのか好きじゃないのかどっちなんだ?」と思ったかもしれませんが、正直僕もよくわかりません。ただ、2番がなければ絶賛していたなあ……と思ってしまうのも事実です。

 

ただ、こうしてソロ曲が形として出てきてくれたことは本当に嬉しいです。それは間違いありません。

 

実はまだ3箇所ほど歌詞が聞き取れていないところがありますし、それにストーリーコミュ、MV、ライブでの披露でまた感想も変わってくると思うので、それでいい方向へと変化してくれたら、と願っています。