ミリオン6thライブ追加公演 感想

はい、このあいだの記事を最後にもう更新しないつもりでいたんですけどまた書くことになってしまいました。今回はなんか書きたくなってしまったんですよね、今までのライブに比べて1曲1曲のパフォーマンスに集中できたから(相対的)でしょうか。

 

先に言っておくと、僕は矢吹可奈担当PなのでSTAR ELEMENTSに関する記述は多いです。また、新ASカバーについてはほとんどわからなかったのでそれに関する記述には期待しないでください。

 

以上を了承してくださる方のみお読みください。

 

 

全体曲は両日共通なので、最後にまとめて書きます。 

 

 

 

1日目

 この日はC2ブロックで、センターステージはよく見えましたがメインステージの右半分はほとんど見えませんでした。

 

閃光☆HANABI

・BORN ON DREAM…おいおいいきなりこれかよBNTでたくさんコールしたばっかだし喉死ぬわと思いながらやってたら本当に死んだ。神戸のこの曲が本当に楽しかったのでもう1回できてよかったです。あとやっぱり太鼓が最高。

・MOONY…途中でCleaskyが出てきたのは、まだ島に2人がいた頃に、2人で夏祭りを楽しんでいた様子を表しているのかなと思いながら見てました。今回はこういうユニット間のコラボが楽しめるんだなあと、この後の楽しみが倍増しました。

・咲くは浮世の君花火…前述の通りセンターステージが近かったのでほぼセンターステージ見てたのでJPPBいることに全く気付かず。本当にごめんなさいJPPB。

 

HANABI団らしく最初の盛り上げをしっかり務めてくれたと思います。ここでもうコンディションは出来上がったなあと。

りるきゃん

ハルマチ女子…あれ?今回はモデルの撮影ないの?と思いながら始まったハルマチ女子。個人的には、仙台の時と違ってドラマを聞いたぶん3人の気持ちが伝わってくるようで非常に響きました。

Do-Dai…最高、振りが可愛すぎるのでめっちゃ振り見てた。あと茜ちゃん人形と茜ちゃんのコラボも最高でしたね。

彼氏になってよ。…「メールじゃなくて言葉で」の振り好きすぎる。曲全体のしっとりした雰囲気も好きです。感動しながら聞いていて、これでりるきゃんとして出るのも終わっちゃうのかなあと思っていました、しかし…。

fruity love…さすがに驚きすぎた。そういえばオリメン揃ってた。会場全体のボルテージが一瞬でMAXになったのを感じましたし、最高に楽しめたと思います。ユニットコラボとかいうの最高すぎか。この後どんなユニットコラボ曲があるのか。期待がさらに高まりましたね。

 

ちゃきさん、活動を休止していたことを一切感じさせない最高のパフォーマンスでした。本当に、よかったです。

 

ビッグバンズバリボー!!!!!

5th衣装なのがまずよかったと思いました。MTG衣装では合いませんし、かと言ってTB用の衣装を用意するには出番が次来るかわかりませんし。最適解だったと思います。

途中でバレーの演出を入れてくれたのも本当によかったです。気が動転しすぎて誰がどっちのチームだか全く思い出せなかったのが心残りですが。

パワフルなパフォーマンスと会場全体の力の入ったコール、非常に盛り上がりました。

 

Cleasky

おいおいバリボーの次これかよ荒れるなあ。まあ僕個人としては逆はあまりよく思いませんが盛り上がる曲→しっとりした曲は許せるので切り替えて聞いていました。

 

虹色letters…死。どうしてこの曲はこんなに涙を流れさせてくれるのだろう。仙台の時にも思いましたが、曲が始まった時には離れている2人が間奏で階段を降り、近くに行くところが本当に好きです。永遠に聞いていたいなあ。ところでこの曲は座らないの?

笑って!…仙台の時知らなくて悔しい思いをしたので曲を聴き込んできました。その結果どうなったか。ボロボロに泣きました。歌詞がCleaskyの世界に合いすぎる。ていうか歌い分け天才すぎませんか。ドラマの2人に対応しすぎ。

思い出はクリアスカイ…映像に青空が広がっていて(まあ多少雲はありましたが)、ああ、Cleaskyだなあと。あと仙台の時コール覚えてなかったのでリベンジできてよかったです。

 

ラムネ色 青春…新カバーは一切来ないと予想してたので意表を突かれました。確かにCleasky、HANABI団、りるきゃんとそれぞれの青春を過ごした2ユニットのコラボは天才でしたね。ただ曲うろ覚えだったのでAS曲ちゃんと聴いて来るべきでした。反省。

 

やっぱりCleasky大好きだと、そう改めて感じさせてくれるステージでした。 

 

Jelly PoP Beans

ART NEEDS HEART BEATS…月曜日のクリームソーダと見せかけて…の演出はもう知ってるし別にいらないんじゃ…とは思いました。でも、福岡と同じくロコの世界に入り込むJPPBを楽しめました。あとロコの早口どうして毎回ちゃんと決まるのすごすぎ。

I did + I will…映像のレトロな感じで4人の顔を映し出すところ好きです。

月曜日のクリームソーダ…生で見るタップダンスはすごかったですね。「この音誰がどうやって鳴らしてるんだ…?」って思うことが多くありましたし、やっぱりプロの実力は半端なかったです。途中のロコ以外の3人がロコに感謝するところが聞き取れなかったのが心残りです。どうして僕の耳はこういう時ちゃんと機能してくれないのか。

 

最後の方に登場したユニットですが、4人の絆をしっかりと感じ取ることができました。この辺りで少し休憩させて欲しいと思ってたのでインタビューで長いMCを取ってくれたのがありがたかったです。

 

オーディナリィ・クローバー

こーりーところあずの顔めっちゃ見えた。可愛かった。

あとスペシャルアピール再現がありがたかったですね。ライブの時にスペシャルアピールやることってあまりないですし。

あと仙台のナンスのMCは5thと違ってオンの杏奈全開だったのでここでオフの杏奈をやってくれたのが本当に嬉しかったですね。好き。

 

トゥインクルリズム

ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム…最後の強い曲ラッシュ始まり。ガンガンペンラ振ってブチ上がりました。

Fate of the World…ギョーカイジンの声違う?と思ったらまさかの新しいギョーカイジン。そしてD/Zealがパパラッチしに来るまさかの展開。トゥインクルリズムの面白さがさらに深まっていたと思います。D/Zealすごく楽しそうだった。

オリメンに負けず劣らず強い歌声で歌う3人もすごかったです。

Tomorrow Program…神戸ほどは笑いが起きておらず。みんな慣れたのかな。神戸では映像ばかり見ていましたが、今回は映像と演者をバランスよく見れたかと思います。ていうか映像今回に合わせて若干変わってましたね。

 

神戸も現地で見たにもかかわらず、あの時より楽しめた気がします。

 

インヴィンシブル・ジャスティ

CD音源に比べて海美の低音が響いていたと感じました。現地の音響で聞けてよかった。次がもしあったらそこにもっと注目して聞きたいですね。

D/Zeal

ハーモニクス…現地最高。福岡はLVでしたがやっぱこの2人の歌声は現地だと映えますね。

餞の鳥…あれ?流星群は?SING MY SONGは?

やっぱりころあずの声の伸びがやばすぎる。福岡LVで見逃した青い羽を今回ちゃんと確認できたのでよかったです。そして最後階段の方ではなくセンターステージに向かうことできっとまだ何か歌うのだろうとワクワク感が強まり…

創造は始まりの風を連れて…餞の余韻に浸らせてくれよと思いましたし、トゥインクルリズムは百合子いるからわかるとしてこの曲をD/Zealが歌う意味がわからず、ずっと頭の中に「?」が浮かんでいたので集中できず、あんまり覚えていないです。今考えればそんな深い意味はなくただTA回収しただけっぽいのであまり深く考えなければよかったなあ、と。これも心残りです。

アライブファクター…原曲は青と青のバトルという感じですし、青と赤で歌っていいのか?と思いましたが、D/Zeal自体が青と赤のぶつかり合いですし、それを表現するのにこの曲は確かにぴったりだなあと納得しました。映像でも青と赤がぶつかりあってましたしね。あいみんが少し辛そうでしたが、迫力は満点でした。

 

1日目のトリとしてふさわしい、最高のステージでした。

 

 2日目

スタンド200レベルの、センターステージが正面に見える席でした。1日目と比べてメインステージの全体が見えたのはよかったですが、センターステージの向こう側が見えないのと、横の動きがわかりづらいのが難点でした。

4 Luxury

トリはスタエレか4 Luxuryだと思っていたのでここでもうスタエレがトリの可能性に怯え始めます。

RED ZONE…やっぱり最初は盛り上げてきましたね。映像の炎の演出がこのユニットの強さを感じられて好きです。

晴れ色…カバー変えるとは思いませんでした。あずささんのソロ曲めっちゃ歌いますね。大人組っていう共通点からでしょうか。9:02pmと同じくしっとりした曲ですが、歌声がしっかりと合っていてよかったと思います。

プライヴェイト・ロードショウ…この曲知らないって思ったけど終わったあと聞いてみたら普通に聞いたことある曲だった。記憶障害なだけだった。

これ、選曲理由がまだよくわかりません。ASですしさすがに適当ではないと思うんですが。

花ざかりWeekend…令和最初の花ざかり。ラスサビの平山さんの声の伸びやばすぎましたね。こういうのがあるからこそのライブ。楽しかったです。

あと最後種ちゃんが腕上下させるダンスしてて可愛かったです。太鼓の達人の昔のゴーゴーダンス思い出した

 

さすがの安定感で最初の盛り上げを務めてくれました。見事でした。

 

夜想令嬢-GRAC&E NOCTURNE-

福岡から少しシーンの追加があっただけで大きくは変えず。でも、やっぱり夜想令嬢はこのミュージカルが正解ですし、これでよかったと思います。下手にカバー曲やったり違うことやってもそれは逆に夜想令嬢の世界観を乱す要因になりかねませんし、ただただ感謝です。

なお、福岡LVでは両日ボロボロに泣きましたが、いざ現地で見るとそれほど涙は流れませんでした。圧倒される方が勝ったんでしょうかね。

 

ラスト・アクトレス

種ちゃんの調子の悪さをこの時点で感じ取ってしまい、ちょっと不安になりました。

また、前述の通り横の動きがほぼわからず、あの横に流れるように踊る振りが好きな身からしたらそれがちょっと残念でした。

でも、やっぱり5人がドラマの世界に合わせるように力強く歌うのは見事でしたし、本当に聞けてよかったと思いました。

 

CharlotteCharlotte

ミラージュ・ミラー…あ、曲順変えることあるんだ、と思いましたね。今考えるとこの順番にした意味よくわかりませんが。センターステージで歌ったおかげで二人の振りがよく見えました。そして今回も中盤のセリフをしっかり合わせていて本当にすごいと思いました。 

魔法をかけて!…イントロ聞こえた時は神戸の逆順?と思いました。違いましたが。タップダンサーの再登場には本当に驚かされましたね。意外とこの曲にもよく合ってました。

だってフタリはプリンセス…夜想令嬢必要か?神戸の人形ケースから出て来る演出が好きだったのでそこを変えてしまったのががっかりしました。パフォーマンスは神戸と変わらずよかったと思います。

 

正直フタリの記憶を削らないで欲しかったです。シャルシャロの世界により合っているカバーはそっちだと思うので。まあタップダンサーを入れたかったから魔法をかけてだけやった、ということでしょうね。多分。

 

Escape

I.D~EScape from Utopia~…こっちも曲順変えるのか?と怯えましたが、この曲が最初に流れて一安心。Escapeはさすがにあの曲順じゃないとダメですからね。何度見てもダンスでアンドロイドを表現する3人が本当にすごいと思いました。

 

Melty Fantasia…こっちもMythmaker飛ばすんだ…というのが最初に出た感想。この曲は本当に振りがかっこいいですね。特に一番最後の機能停止するところが本当に好きです。ちゃんとクール系美少女ユニットになっていたと思います。

 

LOST…福岡にない「機能停止寸前のEscape」のシーンがあったことにより、もしかして新カバー来るか?と思いましたが、変わりませんでしたね。LOSTを現地で聞けなかったことを後悔していたので個人的には大喜びでした。LOST自体大好きですが3人の千早への思いを歌う曲となったLOSTも本当に大好きです。音源化して。

 

こっちもMythmakerやって欲しかったですね。地方でやったカバーやるなら全部ちゃんとやって欲しかった。

White Vows

生「出会ってくれて、ありがとう」クソやべえ。

また、この曲はマイク持たずに歌ってましたね、5thでもやったとかそういうわけでもないのに。全身で訴えかけれる思いに涙が浮かびました。

 

 

この時点で残っているユニットはピコプラとスタエレ。もう、この時点でスタエレがトリと確信し、覚悟を決めました。MTGのミリオン最後のユニットが6thのMTGによる公演を締めくくる。そうしたらとっても綺麗だなと、そう思いました。しかし……

 

STAR ELEMENTS

もう、登場前の画面に「STAR ELEMENTS」と表示された時点で何もわかりませんでした。ピコプラがトリって、それはないだろうと。どんな考えでここにスタエレを置いたのかと。

まあ、それはそうと待ちに待ったスタエレのステージ。すぐに可奈のペンライトを取り出し、この後のスタエレのステージへの準備を固めました。

 

Episode.Tiara…この曲は正直ミスが目立ってましたね。種ちゃんはここでも辛そうでしたし誰なのかはわかりませんが途中の歌詞の間違いもはっきり聞こえてしまいました。言ってしまうと、神戸の方が完成していたと思います。でも、やっぱり僕はこの曲が大好きですし、ドラマの内容を知ってSTAR ELEMENTSが改めて大好きになった上でライブでまたこの曲を聞くことができて、本当に嬉しかったです。この曲はむしろ他の人の感想が聞きたいですね。ドラマを聞いてSTAR ELEMENTSの本当の姿を知った今、みなさんの身体にこの曲はどう聞こえましたか?

ところで、木戸ちゃんの声の伸び半端なくなかったですか?どこでそう思ったのかは忘れてしまいましたが、「ええ木戸ちゃんってこんなに歌うまかったっけ」と、確かにそう感じる瞬間がありました。可奈とともに、木戸ちゃんの歌もどんどん成長しているんでしょうか。7thのClover Daysにも期待が持てますね。

 

私はアイドル…普通にまっすぐやると思ってたのでびっくり。曲は知っていたんですが、そこをコールするとは知りませんでした。てっきり聞くものかとずっと思ってました。ごめんなさい。

神戸のカバー予想でも候補には考えてましたが、なんか合わない気がして外してたんですよね。でも、改めて聞いてみると、サビの「きっと私が一番 でもあなたもそこそこかも」とかスタエレ結成直後の、他の2人より勝ち上がって自分がトップに立ちたい、そしてトップアイドルになりたい、でも他の2人の実力を認めてもいる。そんな3人と完全にマッチするんですよね(僕の想像でしかありませんが)。その部分3人で歌ってますし。

それに、歌詞をちゃんと読むと全体的に強気な歌詞ですしもうスタエレでしかないです。なんでこれが来ると思わなかったのか。そりゃ神戸ではやらないで追加公演でやるのが正解すぎる。天才。ありがとう。これ読んでる人もこんなの閉じて今すぐ歌詞を読みましょう。もう、どれだけ合ってるのか語り始めると一つの記事ができます。ここでは語りきれません。

歌い分けの記憶は全くないので、ディレイで確認したいですね。

 

ギブミーメタファー…待ってた。このためにチケット取った。このために今日まで生きてきた。

神戸では全然曲を知らなかったので、あまりパフォーマンスなどを記憶することができず、だからこそ今回のパフォーマンスをずっと楽しみにしてました。でも記憶がないとはいえ、明らかに神戸のパフォーマンスを超えていたと思います。

何より、歌が明らかにCD音源を超えていたんですよ。種ちゃんのここまでの不調はこの曲では全然感じられませんでしたし、3人は、琴葉、未来、可奈というより星蘭、光駆、水桜を意識して歌っていたように思います、何しろ、星蘭のふてぶてしさ、光駆の可愛さ、水桜のかっこよさが明らかにCD音源より強めに出ていましたから。特に「可笑しいくらいの言葉で例えて」の部分、CD音源は可奈すぎて個人的にちょっと違和感があったんですよ。でも、この時の歌い方はすごくかっこよく、そこに、可奈と水桜をはっきりと感じさせられました。もう、これがギブミーメタファーの完成形なんだなと。そう思いました。ライブ音源ください。これしか勝たん。

あと神戸の時の映像がとってもかっこよく好きだったので、今回もそのまま流してくれたのが嬉しかったですね、センターステージでの披露だったので映像見るために演者から目を逸らさなきゃいけなかったのがちょっと悲しかったですが。それに、ぴょんがセンターステージの向こう側にいたので「揺れてしまうのはスカートだけでいい」の振りが全然見えなかったのが残念でした。今回はスカート見せつける振りじゃなかったのかな?と思ったらちゃんとやってたようで。見たかった。

やっぱりGive me…とSTAR ELEMENTSと表示させるところが最高です、みなさん見ましたか?見ましたよね。LVは映りました?

ところで、ラスサビ前のSTAR ELEMENTSコールは思ってたより小さかったですね、僕が死ぬ気で大きい声出して少し浮いた感が。コールすべきか賛否両論なんでしょうか。でも、ギブミーメタファーは「自分たちを例えることにより評価して欲しい」という歌ですしそこで僕たちが「STAR ELEMENTS」と叫ぶことにより3人を輝く星に例えてあげるという意味があると思うんですよね。なのでリリイベでもコールしに行きますよ。まあまず当てないといけないですがね。

 

 赤い世界が消える頃…1日目終わった時点で予想してる人いましたけど、スタエレが入ると可奈と琴葉が一緒に歌うことになって一部荒れてしまう可能性ありますし、TA全部回収するか?と思ってました。なのでイントロ流れた時の驚きは半端なかったです。

夜想令嬢がいるのはよくわかりませんでしたが、最初の可奈のパートは朋花さんが歌うことにより、そこによる論争は回避したのかと思いました。可奈が歌っても琴葉が歌っても何かしら思う人はいるかもしれませんし。

まあ、その後のMCで種ちゃんと木戸ちゃんが「歌えてよかった」と涙ながらに言ってましたし、本人がそういう以上キレる人はいませんよね。本当に安心しました。個人的にも琴葉にこの曲を歌って欲しいとは思ってましたし、本当に良かったと思いました。ただ高まりすぎてガチで記憶ない。

 

STAR ELEMENTSのパワーを強く感じる、素晴らしいステージでした。また、STAR ELEMENTSが大好きになりました。リリイベ行きたい。ところで詳細まだ?

 

Justice OR Voice

スタエレで高まりすぎて記憶ありません。本当にごめんなさい。

 

ピコピコプラネッツ

大トリです。このユニットを大トリにしたのにはどんな考えがあるのか?ここまで天才的な演出を数多く見せてきましたし、期待していたんですが…。

ピコピコIIKO!インベーダー…楽しい!それに尽きます。今後も突然流れたりしないかな。

スマイル体操…振り付け教える時間が仙台より短くなっていたような。仙台ではそんなことなかったのに今回はちょっと泣きました。なかなかに破壊力やばいですねこの曲。

Get lol! Get lol! SONG…仙台よりハーモニーに集中して聞けました。大トリを締めるのがこれ?という疑問を持ちながら。

 

フェスタ・イルミネーション…何が起きたのかわからなかった。なんでこの曲なのか?と思ったら2ユニットとも光るからと気づいて笑っちゃった。アホか。天才どこ行った。

最後突然まつり姫が出てきて「フェスタの終演」と歌詞を変えて歌ったところ、すごく絶賛されてましたけどそんなにいいとは思いませんでした。やっぱりスタエレトリにして赤い世界かギブミーメタファーで締めるのが良かったと思います。もしくは1日目と2日目逆にするとか。

 

全体曲

Brand New Theater!…やっぱりBNTの入るところは最後じゃなくて最初だよなあとそう思いました。そして1日目はちゃきさんいて泣いて2日目は曲始まる前にスタエレがティアラのポーズ決めてて泣いた。

DIAMOND DAYS…MCなしでいきなり入ってえ?終わるの?って思っちゃった。

UNION!!…今回1周年衣装じゃなかったのでこの曲は2周年を迎えた今、いい意味で神聖さは薄れたということなんでしょうか。今後もアンコール前の位置は保ち続けそうですね。

Flyers!!!…センターステージからメインステージへのハイタッチでの合流再現はやばい。あと衣装の再現度高すぎて泣いた。それに歌詞が本当に刺さりますね。聞けて良かった。

Thank you!…ありがとう。初めて現地で聞きました。やっぱりミリオンはこの曲で締めて欲しい。

 

全体の感想

1日目

ちょっと不満はありましたが、またMTGの素晴らしい演出を見ることができて良かったです。2日目への期待を高めるには十分だったと思います。2日目の2ユニットコラボで何が来るか予想するのも楽しかったですし。

2日目

スタエレがいなかったら多分不満げに帰っていた気がしますね。スタエレで全てを許した。あと種ちゃんの調子がやっぱり気になりますね。今後回復してくれるでしょうか。今はただ、祈るしかありません。

ギブミーメタファーのためにこの日まで生き続け、無事墓の中に入ることができたので、次は7thのClover Daysのために生き続けようと思います。野外ということでBC完全再現に期待したいです。